家探し

【マイホーム】マンションか戸建てどっちがおすすめ?そりゃあ人によるだろ!

既婚で30歳を過ぎると「そろそろ家を買おうかな」なんて思うもの。子どもがいればなおさら賃貸じゃなくてちゃんと自分の家で育てていきたいと思いますよね。

 

そこで悩むのがマンションにしようか戸建てにしようかってこと。

僕は色々と理由があってマンションにしましたが、最近、同僚から相談されることが多いんですね。

 

「マンションってどうですか?戸建てにした方がいいですかね?どっちがおすすめ?」って

 

どっちがおすすめ?ってそんなん人によるし知らんがな。って感じですが、自分なりの見解を伝えるようにしてます。

 

戸建てのメリット・デメリットとマンションのメリット・デメリットを洗い出して比べてみる!

まず、一番に伝えているのがコレ。

戸建てのメリット・デメリット、マンションのメリット・デメリットをとりあえず並べてみるってこと。

 

例えば、戸建てのメリットは、

戸建てのメリット
  • 庭がある
  • 持ち家って感じがする
  • 駐車場がタダ
  • 自転車やバイクも置き放題
  • そもそも収納に困らない
  • 2階や3階にすることも可能
  • 部屋が多い
  • 上の階や隣の部屋の人を気にする必要がない

まあこんなところでしょうか。

反対にデメリットはというと、

戸建てのデメリット
  • 防犯やセキュリティが心配
  • 天災リスクがある(大雨とか地震とか)
  • 庭の手入れがめんどい
  • 家が広くて掃除がしんどい
  • そもそも寒い

とかですかね。

 

では、マンションのメリット・デメリットを書き出していきます。

マンションのメリット
  • セキュリティがしっかりしてる
  • ゴミ出しがラク
  • 宅配ボックスがある
  • 大雨や地震があってもビクともしない
  • 気密性が高く冬に寒くない
  • 床暖がめっちゃ快適
  • 共有スペースがある
  • マンション内に子どもの友達がいる

とか。

 

反対にマンションのデメリットはというと、

マンションのデメリット
  • 駐車場が立体だとめんどい
  • 駐車場代が高い
  • 駐輪場も出しにくい上に台数も限られる
  • やっぱり上下横の物音が気になる
  • その上下横がおかしな人だったら最悪
  • 管理費や修繕積立が上がるのが怖い

とかですかね。

 

とまあ、こんな感じで書きだしていくわけです。

で、自分が譲れないものがある方を買えばいいんですよ。

 

うちの場合は、僕の出身が田舎ってこともあり、持ち家=戸建てのイメージが強くて「マンションなんて買うわけないだろ?」って感じでした。それは妻も同じ意見だったので、最初のころは戸建ての情報ばかり探してました。土地だったり、工務店だったり。

 

そんな戸建て一直線の我が家がなんでマンションにしたかというと、2つ理由があります。

 

マンションを選んだ理由

まず1つ目の理由は「セキュリティ」です。

マンションの場合は基本的にオートロックですし、外(窓)から入られることも少ないです。特に我が家は防犯面が優れていたため、心が動いた理由でもあります。

 

また、日中は管理人さんがいるため、事故・事件が起きても相談する人がいるのも安心できます。それに専用のゴミ出しボックスがあったり、不在時の宅配ボックスもあるので、利便性も高いです。

 

戸建てだと近くの道端にそのまま置いてネットを掛ける程度ですが、カラスが散らかしているのをよく見ます。自分のゴミが散らかされてしまうことを想像すると、抵抗がありますよね。

 

2つ目の理由は天災リスクが少ないことです。

特に最近は豪雨が激しく、戸建てだと床上浸水するニュースも少なくありません。阪神間は南海地震のリスクもあるため、戸建ての場合はかなり不安感が強いです。

 

その点、マンションだと大雨でも1階部分は浸かることがあるかもしれませんが、雨用の土嚢も大量に用意されていますし、備えは万全です。

地震に関しても戸建てより頑丈に作られているため、安心感があります。

 

我が家の場合はその2つの理由でマンションに決めました。

 

 

とはいえ、結局、各家庭の考え方によるってことです。

同僚に関しても、一応自分はこう考えたよ、ということは話してあげますが、絶対にこっちが良いよとは言えません。

 

そもそも、家を買う必要があるのか?ってところから考えた方がいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

結婚、出産、区切りの良い年齢になると、「家でも買うか」という思考になりますが、本当に必要なのかどうかを考えて行動することをオススメします。

 

家を買うときって思い切りが肝心ですが、安い買い物ではないので、慎重になることも大事です。色々と検証を重ねた上で、納得いく理由があれば、思い切って買うのが良いのではないかと思います。