お金

普通預金や定期預金に預けるなら株式投資が100倍オトク!配当金を貰わないと損!

日本人って貯蓄が大好きですよね。

実際、僕も子どものころからお小遣いはコツコツ貯めていくタイプで、毎月確実に増えていくのが楽しかった思い出があります。

なので、日本人は銀行への預金率がめちゃくちゃ高いんですね。

 

でも、銀行に預けておくのって結構リスクが高いんです。

ということで、今回は貯金と投資について書いていこうと思います。

 

普通預金や定期預金は機会損失してるって知ってた?

おそらく多くの人は銀行の普通預金を利用していると思います。

給与の振込先に指定してある口座にはそのままお金を預けっぱなしではないでしょうか。実際に使われないお金が毎月数万円ずつ貯まって気づくと数十万円や数百万になっているはずです。

 

ただ、それだと非常にもったいないですね。

というのも普通預金にしても定期預金にしても預けていても利息はたったの0.01%です。

 

100万円を1年預けておいても100円しか利息が付かない計算です。

100円の利息がついても今の時代は何の足しにもなりません。缶ジュースすら買えませんからね。僕が子どもの頃だったら自販機の時間ジュースは100円でしたが、今は120円?130円かな?(自販機で買わないから知らない)それくらいするはずです。

 

他にも子どものころに読んでいた愛読書のジャンプやマガジン、サンデーなど。

小学生・中学生の頃は200円(だったかな?)だったのに今では260円ですよ。

これ、かなり衝撃でした。

 

たまたま会社の同僚が読んでいたので、懐かしいなと思って借してもらってふと値段を見ると260円。

 

260円ッ????!!!

 

思わず声が出てしまって周りから注目されてしまいました。

 

そうなんです。

みなさんも気づいていると思いますが、物価は確実に上がっているわけです。

 

 

物価は上がるけど給与は上がらない!だったら足りない分を補填しなきゃね!

身近なところでもこうやって物価は確実に上がっています。

あとはお菓子なんかは分かりやすいですね。

 

お菓子って僕はよく食べるので年々不満を抱いてますが、毎年と言っていいくらい10円単位で何かしらのお菓子が値上げしてます。それだけならまだいいのですが、値上げしておきながら、中身は確実に減ってるわけですよ。

 

ポッキーって知ってます?

 

僕のポッキー全盛期(高校生くらいかな?)はメンズポッキーが好きで結構買ってました。あれって、袋に大量にポッキーが入っていたんですね。でも、今のポッキーってなぜか4本ずつの小分けになっていて、しかも絶対量が少ない。さらに一本一本もめちゃくちゃ細い。

 

マジでバカにしとんのか?とクレームの電話を入れたくなるくらいのクオリティです。

 

 

他には社会保険料です。

来年(2019年)の10月から消費税が10%に上がりますが、消費税が上がるときは色々と騒がれますが、社会保険料って毎年何かしら上がってますからね。

 

にもかかわらず給与は上がらないわけです。

仮に上がったとしても社会保険料のUP分で相殺されるので結局手取りは据え置きになっている人が大半だと思います。

 

そんな状況において、銀行にお金を預けておいても全く意味がなくて、今後物価が上がれば上がるほど資産は目減りしていく、というわけです。

 

なら、どうするかというと、貯蓄ではなく投資に回すんです。

 

高配当株を持っているだけで毎年ボーナスが貰えるよ!

株というとリスクが高いイメージがあるかもしれませんが、高配当の優良銘柄なら値動きも激しくありませんし、配当金や株主優待もあるため非常にオトクです。

 

日本株でも4~5%の高配当率を誇る株はたくさんありますし、そういった会社の株を購入して保有しておけば毎年普通預金に預けている数十倍のお金を手に入れることが出来ます。

 

例えば、高配当で有名な東京エレクトロンという会社があります。

半導体装置製造メーカーですが、5%の配当金を受け取ることが出来ます。

この会社の株は現在(2018年12月18日時点)で13510円ですので、約130万円の投資で毎年8万円の配当金を受け取ることができるわけですね。

 

他にも高配当株はたくさんありますし、自分の気になる銘柄を購入してもっていれば、毎年高配当の恩恵に与ることができるということです。

 

でも、値下がったら怖いし、損はしたくない!

値下がりリスクを考えて、投資を躊躇する方は少なくありませんが、値下がりしているときは売らなければいいわけです。値が下がっているときに狼狽して売ってしまうから損が確定するのであって、そのまま持って入れば含み損になっているだけです。

 

株価は常に動いていますし、値下がるときもあれば値上げするときもあります。ですので、値上げして利益が出たときに利益を確定すればいいのです。

 

基本路線は配当金狙いで、たまに株価の様子をうかがって上がっていれば利確して、下がっていればそのまま様子を見る。それだけで普通預金に預けているよりも確実に多くのお金を手にすることが出来るのです。

 

ネット証券は手数料が安くてオススメ!

まずは、証券会社の口座を開くところから始めましょう。

とはいえ、店舗を持っている証券会社は手数料が高く、利益が出ても手数料でごっそり利益分を取られてしまいます。

 

そのため、手数料が安いネット証券がオススメです。

 

SBI証券

僕が使っているネット証券会社です。

かれこれ10年以上お世話になっていて、手数料の安さが魅力的です。

また、新規公開株のIPO主幹事会社になることもオススメしたいポイント。

 

独自のコンテンツの内容も勉強になることが多く、株主優待情報も豊富で結構穴場の銘柄を知ることが出来ます。

SBI証券の詳細はこちら

 

まとめ

今回は貯金と投資について書いてみました。

投資や資産運用などのお金関係は興味はあるけど、なかなか難しくて自分ではどうしたらいいのか分からないと思っている人が多い分野だと思います。

 

なので、その辺りの情報をこれからも提供できればと思っています。

それでは、また。