雑記

横浜DeNAベイスターズの2019年の順位予想!今年は優勝?何かが起こる予感しかない!

横浜DeNAベイスターズ

どうも、くらげです。

関西在住のくらげですが、子どものころから横浜ベイスターズのファンです。周りがほぼ阪神ファンなので、あまり大きな声では言えませんが、もう20年近く横浜ファンをしてます。

 

ということで、今年2019年の横浜DeNAベイスターズの順位予想を考察していきます。

 

2019年の横浜DeNAの順位は優勝に決まっとる!!

横浜DeNAベイスターズ

とまあ、ファンなので優勝しか見えてないっすわ。

会社の同僚や友達とも野球の話をすることが多いのですが、ファンなのに「今年の阪神は良くて3位だろうな」とか「今年はアカンわ。Aクラスに入ればええわ。」みたいなことを言う人がいるのですが、ほんまにファンなん?って思ってしまいます。

 

冷静に見ていると言えばそうかもしれませんが、ファンなら信じて応援するだけですよね?長い暗黒時代を経験している古株の横浜ファンだからそう思うのかもしれないけどね。

 

今年は以下のように予想します。

  1. 横浜DeNA
  2. 巨人
  3. 広島
  4. 阪神
  5. 中日
  6. ヤクルト

 

まあ、贔屓の横浜を推すので、こんな感じになりました。

とはいえ、まだキャンプも始まってないし、各チームの全容が見えてないため、分からない部分が多いですが。。。

 

正直、今年は昨年以上に団子になると思います。で、鍵を握るのが広島。

丸選手が抜けたのはかなり大きいし、代打で一発のあるエルドレッド選手も退団。得点力は昨年に比べると格段に落ちます。新加入の長野選手は良い選手ですが、丸選手と比較すると変わりにはならないと考えます。

また、昨年の広島は対ヤクルトで19勝6敗と13の貯金、対巨人で17勝7敗と10の貯金をしています。丸選手の活躍で決まった試合も少なくなく、特に対巨人は真逆になってもおかしくないと思いますね。

 

で、横浜はどうなのよ?

で、横浜はと言えば、ひいき目なしで冷静に見てもセリーグでは一番バランスの良いチームだと思うですよね。ただ、かみ合わない。なぜかかみ合わない。ほんとかみ合わない。

 

投手陣は今永投手を中心に東投手、井納投手と揃ってる

まず、投手陣ね。

ほんと暗黒時代からすると、めちゃくちゃ充実してるって感じてる。あの時代ってずっと三浦さんがエースで勝ち頭でチームの顔で、横浜といえば三浦さんだけみたいな時代。

 

でも、今はたくさん名前が上がる。ほんと、嬉しい。

 

先発陣は今永、東、濱口、石田、井納、平良、京山、飯塚。加えて、上茶谷くん。かみちゃの投球見たけど、ストレート速くない?しかも、コントロールが良い。140後半をコースに投げられたら手が出んやろ。

それは、今年活躍した平良投手にも言える。平良くんは今年、右のエースになるね。フォームが良いし(下半身強化めっちゃしてる?)、球速も上がってからバンバン勝てるようになったし。昨年の後半、平良君の試合は安心して見れた。

 

抑えはヤスアキ!中継ぎはパットン、三嶋、エスコバー、砂田、三上

後ろの顔ぶれが変わってないのが気がかりなんだよなー。

まあ、ヤスくんはハマスタ以外では良いからハマスタは他の人が投げればいいのにね。一時の不安定さもなくなって、安心してみれるようになった。とはいえ、大魔神佐々木さんに比べるとまだまだ。

セットアッパーもパットン、三嶋、エスコバー、砂田、三上と盤石だけど、三上投手が出るとちょっと不安になるw

三嶋くんの顔つきが変わったね。プロの顔になった感ある。

 

個人的には国吉、熊原あたりが中継ぎ向きだと思うんだけどなー。ちょっとタイミングを逸した感が否めない。両名とも先発にこだわり過ぎたと思ってる。どちらも150近いスピードボール投げれるし、後ろの方が合ってるはずなんだけど。国吉くんは中継ぎで結果出てたのに、先発直訴して失敗してるし、熊原くんはフォームの修正で苦しんでる。どちらも吹っ切れたらそうそう打てないと思うんだけど、頑張って克服してほしい。

 

あと、投手だとルーキーの大貫くん。彼は注目されてないけど、活躍するよ。

都市対抗見たけど、めちゃくちゃストレート伸びてるし、投げっぷりも良いし、テンポも良い。かみちゃが注目されてるだけにダークホース的な存在でローテに入れば10勝できる。

野手は超重量打線!あと一本が足りない!!

さて、野手の方は、こんな感じのオーダーになるのかなー。

 

  1. 桑原 中
  2. ソト 右
  3. ロペス 一
  4. 筒香 左
  5. 宮崎 三
  6. 伊藤 二
  7. 大和 遊
  8. 伊藤 捕

正直、変わり映えがない。

2番ソト~5番の宮崎まではほぼ確定だと思う。打順は知らんけど。

ソトは他球団の対策を克服できればいいけどね。まあ、当たればホームランだからあんま関係ないか。

1番は桑原くんを入れてるけど、ここは団子。桑原、神里、梶谷、宮本と足が速くて守備がソコソコの選手枠。怪我がなければ個人的には梶谷一択なんだけどなー。というか、梶谷くんはトレードの駒になりそうなんだよなー。生え抜きでファンも多い選手だけど、だからこそ、良い選手とトレードできるわけだし。

 

ルーキーの伊藤は弱点の下位打線を改革できるか!

注目はルーキーの伊藤くん。彼はセカンド(プロレベルか不安だけど)なのにホームランを量産できる大型内野手。横浜の弱点はずっと二遊間なんだけど、彼がヤクルト山田ばりに活躍してくれれば、優勝間違いなしっすわ。

そういえば、大型内野手のフレコミでドラフト1位だった選手が昨年までいたと思うけど。。。彼のようにソロアーチストにならないことを祈る。

 

ショートもずっと課題。個人的には倉本くんが良いと思うんだけど、めちゃくちゃアンチ多いよな。彼の場合は致命的なポカが多いから、そういうイメージ付いちゃってるんだけど、得点圏打率も高くて(2018年は悪い)勝負強いし、守備もそこまで悪くない。

大和選手は守備の魅せ方が良い。アクロバティックな連携プレーするし。でも、実はエラーが多いことはあまり知られてない。セリーグの失策ランキングでは11個で5位。

ランキングの上位5位を見ると以下の通り。

エラーランキング

(出典:Yahoo!)

ショートだと阪神の糸原選手と同数。ですが、糸原選手は143試合出場しているが、大和選手は113試合しか出てない。また、上位3名(西川選手、山田選手、宮崎選手)は、打率が3割を超えているし、山田選手と宮崎選手はホームラン数も30本程度と得点力になっている。(糸原選手も.280打ってる)

そう考えると、大和選手は打率.244、本塁打2本、27打点、54得点とかなり寂しい成績。少なくともレギュラーで出場するには、もう少し、打率を上げないと厳しい。

(ちなみに倉本選手は83試合出場で失策数は5)

エラーにカウントされない守備もあるけどね。

ショートの救世主は大河か

僕としては、大河選手が今後、レギュラー争いに加わると思うし、取って欲しい。

大河くんは日本代表の試合を見たけど、守備がめちゃくちゃうまくなったなー、と思った。打つ方もボールの見極めができる(我慢ができる)ようになってるし、ここぞの場面での勝負強さもある。

 

捕手は伊藤が本命だけど、嶺井が好きだ!

最後は捕手。高城くんとのトレードで来た伊藤選手が本命ですが、前評判ほどの活躍は出来なかった。もちろん、シーズン中のトレードだったので、仕方がない部分があるけど、あれだけ打てる捕手と言われて、2割そこそこしか打てないのはさみしい。

だったら、意外性のある嶺井くんの方が面白いと思うんだけどなー。捕手も戸柱、嶺井、高城の団子から伊藤、戸柱、嶺井の団子に変わっただけでちょっと抜ける人がいない。

 

期待はルーキーの益子くん。

早速、怪我してるけど、高卒ルーキーは無理せず身体を作るところから。

彼はYouTubeで色々と動画を見たけど、「ほんと高校生なの?」ってくらいプロ意識が高い。自分に厳しいし、やることをきっちりやるタイプ。何がなんでもプロで活躍する気迫を感じるし、勉強熱心。当方30過ぎのおっさんだけど、「益子くんすげえ」って一瞬で尊敬した。見習うところ多し。

 

何より、肩が良いのが素晴らしい。ソフトバンクの甲斐捕手と同レベル(国内最高レベル)と言われる肩力があれば、そうそう走ってくる打者はいない。DeNAは盗塁されて得点につながる機会が少なくないから、彼がレギュラーを獲得すれば守備力が一気に爆上げ。

打つ方は知らん。

 

まとめ

さて、なんか色々とぐだぐだ書いたけど、結局、今年こそ優勝しようってこと。

他チーム見ても投打がかみ合えばバランスが一番良いと思ってるし、今年優勝できなかったら筒香メジャーいっちゃう。優勝しないといけない年だし、今年、優勝できないともうしばらく期待しにくいだろうね。

ということで、2019年の横浜DeNAベイスターズの見解でした。